スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカぶらぶら

ブルーリッジをぶらぶら

今日はライマン公会堂と、カントリーミュージックのHall Of Fame、
それにステーションインに行きました。
書きたいことがいっぱいあるのですが、順番に。
ブログばかり書いてると遊びにいけなくなるので。

今回はロアノーク後編、ブルーリッジパークウェイのドライブ編です。




ロアノーク3日目。
地元のバンドの人とジャムる予定でしたが、
諸事情により急遽キャンセルになりました。
その代わりに、ぬまおおさんがとてもすばらしいプランを考えてくれました。

b01.jpg


There's a well beaten path on this old mountain side・・・・
アスファルトだけど、まぁ確かにbeatenです。
そう、ここはブルーリッジ。
ブルーリッジパークウェイというドライブコースです。

この日はぬまおおさん一家とともにブルーリッジドライブでした。
ぬまおおさんと奥さんとかわいい子供3人、それに僕。
日帰りの範囲内にこんなすばらしい場所があるなんて、うらやましい限りです。

b05.jpg


向かった場所はMabryMillという、水車小屋?
きっと重要文化財みたいな感じで保存されているんだと思います。

b02.jpg


さすがブルーリッジ。
ブルーグラスバンドが演奏してました。
あと、ここでも踊っている人がいっぱい。
ほんと陽気な国だ。

b03.jpg


こいつは「plow・プラウ」。
畑を起こす(土をひっくりかえす)道具。
馬にこいつをひっぱってもらいます。
農学部生の常識です。

b04.jpg


こいつが「Sawmill(ソーミル)」。
水車の力を利用して木を切ったり削ったりするみたい。

Plow・Sawmill、ともに「Old Home Place」に出てくる単語です。
昔の人はこんな道具を使って仕事してたんですね。

b06.jpg


そして、これがブルーリッジの山々です。
7年半も歌い続けてきた「BlueRidgeCabinHome」、
やっと本物を見ることができました。

そりゃぁもう、感動ですよ。
ブルーグラスを知らない人が見たらただの山にしか見えないかも知れません。
でもそれでもとてもきれいな景色でした。
ガスがかかってすっきりしてないあたりが、余計にブルーグラスさを感じさせてくれます。
きっとこれが「Foggy Mountain」なんでしょう。
ここがブルーグラスのみならず、アメリカ音楽のルーツとなる場所。
自分の音楽のルーツでもあります。
これからブルーグラスを歌うときはこの景色を思い浮かべながら歌います。


帰り道、ぬまおおさんにお願いして途中で車を止めてもらいました。
目的は写真。

b07.jpg


こんなんと、

b08.jpg


こんなん。

タイトルは、
「Little Cabin Home On The Hill」
この建物が「Cabin Home」であるかどうかはわかりませんが、
きっとこんな感じなんでしょう。

ほんと、景色を見ているだけでブルーグラスを感じました。


帰り道、BGMはぬまおおさんのバンドのCD。
長女のエミリちゃん5才がなんと英語で口ずさんでます。
曲は「Once More」。
「わーんすもーーー、とぅーびーうぃーずゆーでぃー」
「once more, to be with you deer(たしか、こう)」
ちゃんと聞き取れてる。
まだ英語しゃべれないのに。
しかもまだ3回くらいしか聞いていないらしい。
子供ってすごい。
ブルーリッジのふもとで育つなんて、ほんとうらやましい。
15年くらい後にまた会いたいな。





b09.jpg


ドライブの最後に、テキサス系のステーキハウスに連れて行ってもらいました。

b10.jpg


まさに、肉っ!!って感じのステーキです。
でも脂身が少なく臭みがないのでとてもおいしい。
テキサス名物らしいAIソースをかけていただきました。

BGMはもちろんテキサス系のカントリー音楽。
ギラギラカントリーです。
このステーキにぴったりでした。

右のはベイクトポテトwithバター。
このバターがまたおいしい。
ぬまおおさんごちそうさまでした。




こんな感じで、本当にアメリカを感じた一日でした。
これでロアノークの滞在は終わり。
翌日ナッシュビルに戻ってきました。

わずか3日しかいられませんでしたが、それでも本当に充実した3日間でした。
はっきり言って、ナッシュビルより感動しました。

ぬまおおさんとご家族のみなさま、ほんとうにお世話になりました。
この3日間の思い出は一生の宝です。
ありがとうございました。
そして、ごちそうさまでした。
コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

タンブラー ランキング

タンブラーを口コミとランキングで大特集。売れ筋がわかる定番サイト。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。