スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカぶらぶら

グレイハウンド

grey01.jpg

この2ヶ月間のアメリカの旅を語るとき、グレイハウンドの存在は絶対はずせません。 
グレイハウンド、それはアメリカの都市間高速バス。
アメリカの隅々まで、さらにはカナダ・メキシコまでその路線網を張り巡らせています。
鉄道が発達していないこの国で、街と街を結ぶ唯一の?公共交通機関。
値段も安く、まさに庶民の足です。

最後にグレイハウンドに乗ったのが1週間前。
記憶が薄れてしまう前に記事にしておきます。
せっかく世界中に公開しているのだから、たまには役に立つ情報も書かないとね。

なお、この記事は基本的に僕個人の主観によるものなので、
いろいろと間違った情報があるかと思います。
もし間違った情報がありましたらご連絡ください。




・まずは基本情報から。

グレイハウンドとは、犬の種類?、バスの側面に描かれています。
グレイハウンドのように速く走るって意味なのでしょうか?
わかりません。都市間長距離高速バスです。


・ふつうの切符の買い方

普通の方法で切符を買ったことがないので知りませんが、ネットや電話で予約して当日受け取る、または当日カウンターで買う。チケットを買うのは当日で十分だと思います。席が指定席ではないので、いい席を取るには早く並ぶ必要があります。いい席を取るどころか、満員で乗車できず次の朝まで待つこともよくあるので、少なくとも1時間前には並びましょう。

大きな荷物はバスの下の空間に預けることができます。チケットを買うときにタグをもらいましょう。


・時刻表

驚いたことに、バスターミナルに行ってもタイムテーブル(時刻表)は手に入りません。バスターミナルで表示されているのは、バスの出発時間と到着時間のみ。タイムテーブルが欲しい人は、チケットカウンターに行ってプリントアウトしてもらうか、フリーダイヤルの電話で問い合わせるか、ネットで調べるか、それ以外の方法はないようです。僕はいつもネットでしらべてました。はっきり言って不便です。

・乗り心地

アメリカは都市の中心部にまでフリーウェイ(高速道路)が整備されているので、バスディーポ(ターミナル)をでたらすぐにフリーウェイに入ります。つまり、道中の9割5分はフリーウェイ上、かなり快適です。普通の乗用車でも酔う僕でも、200時間も乗ったグレイハウンドでは一度も酔いませんでした。

・お手洗い

だいたい2~3時間に一回はトイレ休憩があります。でも、バスにもトイレ付いてます。アメリカのバスなので結構きたないトイレかと思ったら、意外や意外、結構きれいです。完全な水洗ではありませんが、消臭液が効いてて、あまり臭くありません。僕はまったく問題ないと思います。女の人も普通に使ってました。ただ、乗客のみなさん、途中のトイレ休憩で用をすますことが多いようです。

・ミールストップ(食事休憩)

grey09.jpg

トイレ休憩以外にも、ご飯の時間にはミールストップっていう30~60分くらいの休憩があって、たいていの場合マクドナルドに停車します。提携しているんでしょうきっと(わかりません)。コンビニみたいなところや、たまにバーガーキングとかにも停車します。バスターミナルでミールストップの場合はバスターミナル内のハンバーガーショップを利用できます(高いですが)。道中かなり栄養が偏るので、バス乗車前後にちゃんとおいしいものを食べて栄養をとっておくことをお勧めします。

グレイハウンドはほぼ確実に遅れます。その遅れを取り戻す方法、それは速く走るか、休憩時間を短くするか。ミールストップが15分ってこともしばしば。ぼくは喰いっぱぐれないようにするために、常にかばんの中に食べ物をいれておきました。前日に買ったクッキー、マクドナルドの1ドルハンバーガー、バーガーキングのWHOOPER_Jr.も1ドル、これはお勧め。グレイハウンドのステーション内は基本的に値段が高いので、できるだけバスに乗る前に買い物を済ませておくとよいでしょう。

・バスターミナル

grey10.jpg


 グレイハウンドのバスターミナルは、基本的に狭く感じるときが多いです。建物自体は結構大きいのですが、それ以上に人が多いわけです。特に、アトランタやセントルイス、シカゴなどのハブ的存在なバスターミナルでは、おそらく乗り継ぎの都合上、各方面からやってきたバスが同じ時間帯に到着し、それから1時間経つとまた、何本ものバスが放射状に各地方へと出発していきます。つまり、この1時間のあいだ、バスターミナルは乗り換えの乗客でごっちゃになってるわけです。そして、たいていの場合バスは30分以上遅れるため、カウンターは乗継ができるかどうかを確かめる客でいっぱい。ゲートの前はバスを待つ乗客と、その2~3倍くらいの荷物が列を成しています。

 そして大変失礼な話ですが、ゲートの前の列に並んでいると、よく黒人(メキシコ系のおばさんも。)のおばさんが、「この列は○○○○行きのバスの列??」と聞いてきます。「そうですよ。」と答えると、「ふうぅ~ん・・・・」と何気なく流し、どこか遠くを眺めながら、いつの間にか僕の前に荷物を置くのです。白人は旅行者が多いためか、常識のある人が多いです。でもグレイハウンドに乗る人ってマナーの悪い人が多いので、時々、いや、しょっちゅう腹が立ちます。実際、僕の前に横入りしてきたおばさんでバスが満席になり、次のバスまで3時間近く待たされたこともありました。でもそんなん気にしてたら旅は楽しめないので、バスターミナルで並ぶときは何が起きても気にしないこと。
 
 あと、バスが遅れて乗り継ぎができないのはよくあることらしい(僕は幸い数回でした)ので、まぁグレイハウンドに乗るのならそれを覚悟した上で乗りましょう。

 指定席ならもっと楽に乗れるのに・・・・とよく思います。が、最近、なぜ指定席にしないのか、わかりました。それは、グレイハウンドは8割以上のバスが遅れるためだと思います。もし指定席にした場合、1本のバスが遅れて到着すると、次のバスは乗り継ぎ客のためにずっと待ってないといけません。ところが、自由席であれば、遅れたら次のバスに乗ってください、仕方ありませんよね、で済む。電車と違って交通事情もありますので、ON TIMEで運転することはとても大変だと思います。でも、見る限り、グレイハウンドという会社のいい加減さも大きな原因だと思います。 

・リボーディング

 きっとグレイハウンドのみならず長距離バスには付き物のリボーディング(再乗車?)について説明します。大きなターミナルで1時間くらい停車する場合、たいていバスから降りるように指示されます。バスの中にいてはいけないのです。深夜1時とかでも降りなければなりません。これは、燃料の補給とバスのメンテナンス、車内の掃除が目的だそうです。たしかに、一日中時速100キロで走ってたら何度も燃料補給は必要ですよね。

 リボーディングが必要なターミナルを通過する場合、運転手さんがリボーディングパスなるものをくれます。これがないと、バスに再乗車できず、運転手さんに怒られます。ターミナルではひとつのバスに二つのゲートがあり、ひとつはそこから初めて乗車する人用のゲート、もうひとつはリボーディングする乗客用。先にリボーディングの客が乗車し、余った席に新たな客が乗車するシステムです。

 めんどくさいけど、降りろといわれたら降りましょう。

・席のポジショニング

僕は昔から車酔いする人間で、普通車で街中を走っているとたいてい酔います。バスは運転手の腕と道路の状況次第ですが、どの席に座るかによってもだいぶ乗り心地が違うことはご存知でしょうか?乗り物酔いしない人には問題ありませんが、酔う人にとっては少しでも快適な場所に座りたいものです。
grey05.jpg

いろんなところに座ってみた結果、前方が一番乗り心地がいいようです。ただ一番前の席は優先席になっているのでできれば避けるべき。満員でなければ座っても大丈夫。一番後ろの席はゆれ方が気持ち悪く、さらにトイレの芳香剤のにおいが酔いを加速させます。

grey08.jpg


景色を見たいのならもちろん窓側。前から2番目なら前方の景色も見えます。夜、足を伸ばして寝たいのなら通路側のほうがいいでしょう。横にもたれて寝たいのなら窓側の方がいいです。ただ、窓側は冷房が効きすぎているので、夜に乗車するのなら通路側のほうがいいでしょう。どうせ外見ても真っ暗だし。

あと、グレイハウンドってほんと適当で、席の間隔が結構いい加減です。下の写真のようにギターを縦にしてもまだ余裕があるくらいの席も
存在します。その分その前後の席は狭いようで。

grey04.jpg


昔は、後ろのほうの席はアブナイ人が座ることが多く、できるだけ前のほうに座りましょう、と言われていたみたいですが、今はそんな雰囲気はありません。確かに、ヤンキーの集団はよく後ろのほうで騒いでますが、かかわらない限りなんともありません。うるさいですが。グレイハウンドの車内は予想以上に平和です。危ないのはグレイハウンドのターミナル周辺です。

・バスターミナル周辺の治安について。

 グレイハウンドのターミナルはダウンタウンからちょっと離れた場所にあることが多く、治安の悪い場所であることが多いそうです。これからグレイハウンドで旅を始める方のために、僕が行ったターミナルの情報を、覚えている限りのっけます。

●ロサンゼルス
 治安は最悪。ターミナル前を100m歩いただけで4回も声をかけられました。「これからメキシコ行くのかい?」「タクシー乗らないかい?」「金くれ!」・・・・ターミナル前はまだましなほう。ダウンタウンからターミナルに向かうバスから外を眺めると、50mに一人はホームレスが座っている。100メートルに一人は警官がいて、そのほかに人は見かけない・・・・。絶対このエリアは歩かないように。ロスでもトップクラスで治安の悪いエリアらしい。ターミナルの中はそれほど危ない感じはありませんでした。

 ロスは他にもユニオンステーションとハリウッドにもバスターミナルがあって、ユニオンステーションは見る限り安全。ハリウッドも安全(友人いわく)らしいので、このどちらかを利用するのが賢明だと思います。

●FLAGSTAFF

ここはのどかな田舎街。グランドキャニオンに行くときに利用しました。危ない感じはありませんでした。バスディーポの目の前にJACK IN THE BOXというハンバーガー店があって、結構うまいので行ってみましょう。

●ALBUQUERQUE

なんだか不思議な建物。ディーポはとても広かった記憶があります。ユースホステルまで行く途中、やたらたくさんバーがあって、酔っ払いに絡まれるので注意。

●AMARILO

狭いし汚いし、人はたくさんいるし。とても南部らしい光景です。
中の売店でフレンチフライを食べました。

●ミネアポリス

こんなにきれいなターミナルはレアです。立地条件もいいし。ただ、売店が閉まってて、食べ物を調達するのに10分くらい歩かないといけません。

●シカゴ

通過しただけなのでよくわかりませんが、僕が経験した中で一番混雑していたターミナルです。

●バッファロー

結構きれい。ただ、売店がチョーぼったくりで、マクドナルドのハンバーガーより小さいハンバーガーが3ドルもして、とてもショックでした。歩いて10分くらいのところ(市電の通り)にSUBWAY(サンドイッチ)があるのでここを利用すべし。ただ、バスディーポのあたり、かなり雰囲気悪かったので、暗くなったら出歩かずに3ドルのハンバーガーを食べるほうがいいと思います。

●ニューヨーク

ユニオンスクエアにも近く、立地条件はかなりいいです。チケットカウンターはいつも長蛇の列。早めに並びましょう。マンハッタンは、ホームレスに金をあげて追い出した結果、今では世界一安全な場所と言われているらしいです。ホントかどうか知りませんが、確かに危ない雰囲気はありませんでした。でも気をつけましょう。

●マイアミ

マイアミにはいくつかバスディーポがあるらしいですが、「マイアミ」といったら「マイアミ空港前ターミナル」のことで、ここがバスの始点のようです。かなり小さいターミナルで、中はカウンターと自販機とベンチとトイレしかありません。トイレは常時鍵がかかっているので、カウンターで鍵をもらってから入りましょう。

ターミナルから歩いて1分のところにガソリンスタンドがあって、ここがコンビニみたいな店になってます。さらに、小さな食堂もあり、そこそこうまいものが食えます。ただ、カウンターのお姉さんがスペイン語しか話せないので、がんばって伝えましょう。

●キーウェスト

キーウェストのバスディーポは、ダウンタウンではなく空港のそばにあります。きっと、ダウンタウンまで行くのにバスやタクシーを使ってお金落としてくださいってことだと思います。ダウンタウンまでタクシーで$7くらい。バスは$1.50くらい、バスは1時間に1本くらいだった気がします。ガイドブックには、ダウンタウンにも停車するグレイハウンドバスがある、と書いてありますが、今はダウンタウンは通らないそうです。

●アトランタ

バスは3車線の道路のど真ん中にドンと停車します。ターミナルのゲートまで、50mくらい歩く必要があります。割ときれいなターミナルですが、決して乗客に親切な設計ではありません。きっと土地が足りなかったんじゃないでしょうか。狭い空間に人がごっちゃりしてるので、我慢するか、あきらめましょう。

●ナッシュビル

ダウンタウンのはずれにあります。普通のグレイハンドターミナル。

●ロアノーク(バージニア)

バスが来る時間しかディーポは開いてません。

●セントルイス

荒れた場所にあります。臭い。狭い。人いっぱい。
ゲートから乗り場までちょっと歩きます。
前の人を見失わないように。

●デンバー

結構広い。あまり記憶がありません。

●ソルトレークシティー

市の中心部からちょっと歩きます。市バスもあるみたいですが知りません。付近が工事中でちょっと危ない雰囲気もありました。将来的には鉄道も含む大きなターミナルになるようで、工事の真っ最中。とてもきれいな建物です。カウンターのお姉さんが美人でした。

●サンフランシスコ

ダウンタウンのいい場所にあります。
降りただけなのでよくわかりませんが、
あまり問題はないように思えます。



・ディスカバリーパス

グレイハウンドの乗り放題チケットのことで、くわしくは知りませんが7日、15日、30日、60日のパスがあるようです。僕は60日のを使いました。60日で¥82,000。ちょっと高いけど、アメリカ大陸を往復すれば元はとれます。ちなみに僕は1500ドル分乗りました。

このパスをもっていればカウンターでチケットを買う必要はなく、直接ゲートにならぶだけでオッケーです。出発の20分くらい前になると運転手さんが改札を始めます。普通の人はチケットを渡しますが、ディスカバリーパスの人は、パスとID(パスポート)を見せ、行き先を告げます。

ただ、この方法でいくとひとつ大きな問題が発生します。それは、もし車内に持ち込めないような大きなかばんを持っていて、バスの下部のトランクに入れてもらおうとするとき。カウンターに行っていないので当然荷物のタグをもらっていないわけで、運転手はそのまま荷物をトランクに入れます。途中で運転手が変わると、新しい運転手はその荷物の存在を知りません。なんだこの荷物、タグ付いていないじゃないか・・・・誰の荷物だよ、まったく・・・・なんてことになるんです。本来目的地に着いて荷物を受け取るときには荷物のタグの半券を見せて受け取ります。半券もタグもないので、受け取るときにトラブルになるのです。このあたりが、グレイハウンドのいい加減さを露呈しています。

このトラブルを回避するために僕が考えた方法を紹介します。ディスカバリーパスを持っていれば、通常カウンターでその便のチケットを発券してもらう必要はありません。というか、チケットを発券してくれと頼んでも断られることが多いのです。でも、チケットを発券してもらわないと荷物のタグはもらえません。チケットがあったほうが乗車するときもスムーズです。

カウンターに行って「荷物のタグが欲しいからチケット発券してください」と言えば、間違いなく発券してくれます。こうして一般の人と同じようにチケットと荷物のタグを手に入れれば、乗車下車、そして荷物に関するトラブルはなくなります。多くのガイドブック、そしてディスカバリーパスの説明書にさえも、「チケットカウンターに行かずに直接ゲートに並ぶこと」と書いてありますが、僕はカウンターで発券してもらうことをお勧めします。

grey02.jpg

grey03.jpg


これがチケット。
こんな細長い紙が3~5枚発券されて、チケット、タイムテーブル、割引券などが印刷されています。

grey07.jpg


これが荷物のタグ。
行き先と名前、経由地などが印刷されてます。

grey11.jpg


左が荷物のタグの半券。これがないと荷物を受け取れないことがあります。
最初にディスカバリーパスを作ったときに、カウンターのおばさんが僕の名前を打ち間違え、ずっと「Mr.UY ESAKI」でやってきました。

右は先ほど紹介した「リボーディングパス」と呼ばれるものです。

・お勧めBGM

旅に音楽は不可欠。流行の曲を聴くのもいいですが、せっかくグレイハウンドに乗るのだから、アメリカを感じさせてくれる音楽を聞いてみましょう。お勧めはHank Williams、アメリカのカントリー音楽の神様的存在です。列車の旅、飛行機の旅でHank Williamsを聞いてもなんとも思わないのに、グレイハウンドに乗っているときに聞くと、妙に旅をしているのだと実感がわきます。できることならテキーラでも飲みたいものですが、バスの中では飲酒厳禁ですので。

ほんと、グレイハウンドに乗るときは、だまされたと思ってHank Williamsを聞いてみましょう。最高の気分になれます。というより、なんだかいろいろどうでもよくなります。お試しあれ。







まぁこんな感じで、グレイハウンドの情報を書いてきましたがいかがでしたでしょうか。割とマイナス面ばかり書いてきましたが、僕はこの旅にグレイハウンドを選んで本当に良かったと思ってます。

キーウェストに行ったとき、こんな古いバスに乗りました。ドアが主導です。考えてみたら、一日1000キロ以上も走るバス、100日で10万キロですよね。このバスはこれまでに何キロ走ってきたんだろうと、ふと疑問。地球何周したんだろう?

grey06.jpg


決して時間通りには発車しないバス、それがグレイハウンド。何時間も遅れることもあるけれど、時代の波に流されず、ある意味昔の古きよきアメリカが残されているのかも知れません。アムトラックとか飛行機とかの優雅な旅もいいですが、僕は是非グレイハウンドをお勧めします。これぞ旅だ!そう感じると思います。
コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。