スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカぶらぶら

Salt Lake City をぶらぶら

アメリカの街をぶらぶらシリーズ、かなりの数になりましたね。
今日はモルモン教の聖地、ソルトレークシティーです。

022.jpg


この街も結構きれいな街です。
花の飾り方は今まで歩いてきた街の中で最高レベル。
歩道にも住宅の庭にも木がたくさん生えてます。
森の中に街があるといった方がいいくらいです。
住み心地よさそう。
でも、敷地が広い分人口密度は低く、
歩いて買い物に行く人はほとんど見かけませんでした。
(CDーRを探すのに3キロも歩きました。)

070804_01.jpg


キャベツはもともと観賞用の植物だったというのを講義で聞きましたが、
未だにそれが存在しているとは思いませんでした。
これがその観賞用キャベツ(だと思います。)。
いろんな種類がありました。これは使える!

この街の人は花の飾り方にセンスがあると思います。
日本の公園のパンジー畑を作った人はこの街を訪れるべきです。

070804_2.jpg


モルモン教の聖地を訪れました。
世界各国から教徒が集まってきてます。
日本から来ている人もいました。

僕は今までずっと無宗教で、これからもそのつもりですが、
宗教を信じる人たちがどのようなことを考えているか、
それは絶対知っておくべきことだと思います。
決して誤解はしてはなりません。
宗教が違っても、お互いのことは理解しあうべきです。

自ら積極的に宗教の勉強をするつもりはありませんが、
今日のようにチャンスがあれば勉強しようと思ってました。
モルモン教の誕生に関する60分強の映画が無料で見られるとのこと。
ちゃんと見て勉強してきました。
宗教の映画といっても勧誘する映画ではなく、
一般の人に向けて、モルモン教がどのように生まれたかを紹介する映画で、
映像が現代的でしたし、比較的見やすかったです。
(ここでは詳しい解説はしません。)

帰り道に無料のDVDをもらったので、
こんど見てみようと思います。


最近歴史の勉強がしたくなってきました。
昔といっても今の人と同じ顔をしていたわけで、
ライフスタイルは多少違えど、まったく同じ人間。
その人たちが考えてきたことが今につながっているわけです。
その人たちが何を考えて生きていたのか、少しでも知りたい、
そう思うようになりました。

高校生に戻りたいです。






先日の3食連続ハンバーガーにうんざりして、
今日はどうしても米が食べたかった。
チャイニーズレストランをさがしましたが、
こういうときに限って見つからないものです。

1時間くらい歩き回って、結局もとの場所に戻ってきました。
すると、目の前にファストフード街が・・・・びっくり。
たくさんハンバーガー店が並ぶ中に中華料理店と日本料理店を発見。
といっても所詮ファストフード。
期待してはいけません。

もはや、おいしいものを求めるというより、異文化探索。
アメリカ人が何を食っているのか、自分の体で確かめる作業です。
今回は、ロサンゼルスの吉野家以来(?)の日本食。

日本食と書いてあるが、写真を見るとそれは決して日本料理ではない。
店員もメキシコ人っぽかった。
メニューは、

Teriyaki Chickin
Sukiyaki Beef
Yakisoba
Shurimpなんとか

などでした。
テリヤキはアメリカ人のハートをつかんだ日本の味覚のひとつで、
テリヤキバーガーも存在します。
味もまぁ、他のものに比べればかなりいけます。

今回はSukiyaki Beefにチャレンジ。

070804_3.jpg


これがSukiyaki Beefです。
注文するときにメニューの写真を見ていたので、
こんな感じのが出てくるのはわかってました。
どうみてもすき焼きではありません。

目の前で作ってくれたので、調理法を紹介します。

1.ビーフをいためる
2.野菜をいため、ちょっと蒸らす。
  ちなみに野菜は、にんじん、キャベツ、ブロッコリーでした。
3.ご飯を盛る
4.ご飯に野菜とビーフを盛る。

ここで、店員さんが「Teriyaki Sauceかけるかい?」と聞いてきました。
ポイントは、Sukiyaki Sauce ではなくTeriyaki Sauceであること。
なんですき焼きなのにテリヤキにするのか?
もしTeriyaki Sauceをかけなかったらどうしていたのか、すごい気になります。

ブロッコリーをいためている時点でもはやすき焼きではありませんでしたが、
Teriyaki Sauceをかけたことにはさすがにびっくりしました。
多分普通の日本人が見たら怒るでしょうが、
僕にとっては興味津々、ある意味社会見学です。

で、試食。

お味の方は・・・・


意外とうまい!
びっくりです。
アメリカに来てメシがうまいと思うことはほとんどありません。
まして、あやしいファストフード。
期待してなかったからかもしれませんが・・・
でも、意外とうまかったです。

もはやすき焼きという頭はありません。
Sukiyakiという名前を知らなかったとしたら、
この料理は「肉野菜炒め丼」とでもいいましょうか、
自分が自炊でよく作る料理です。
それにテリヤキソースをかけたのがこれ。

今回の成功の秘訣はきっとテリヤキソース。
これは日本製なのか?日本の会社がつくったのか?
ソース自体、わりと日本の味がしました。
これがもしアメリカナイズされたテリヤキソースだったら、
きっと最悪の料理になっていたことでしょう。

所詮ファストフードですが、結構満足して帰路につきました。
学生ラーメンとか肉チャーがとても恋しい今日このごろです。
コメント

いいなあ、行ってみたい。
ソルトレークといえば昔冬季オリンピックがあったね。
そのとき村主章枝の演技をみてファンになったな。

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。