スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和のこころ

和のこころ その4 -風船かずら-

070902wa02.jpg

070902wa01.jpg

070902wa03.jpg

風船かずら(風船葛) 

:ムクロジ科のつる性多年草。熱帯に広く分布し、日本では一年草として栽培。葉は複葉。七月頃、白色の小花をつける。果(さくか)は径約 2.5cmの三稜がある緑色のホオズキ形で中空。風船のようにたれ下がってつく。(大辞林)


高山の古い町並みの軒下に、鉢からニョキニョキと生えネットにぶら下がる風船かずらを見つけました。西洋の植物とは違って決して派手ではありませんが、逆にその素朴さに「和」を感じました。といっても、この植物、日本固有の植物ではないようですね。この風船かずらという植物自体より、こういう素朴な植物を素朴に飾っていることに、アメリカ帰りの僕は妙に感銘を受けました。これだったら、都会のマンション暮らしの人も手軽に「和」を楽しめますね。

実は3年前、農家で畑仕事をしていた1年間、この植物を育てていました。寒かったからか、うまく育ちませんでしたが、3つ、かわいい風船ができ、感動しました。

細かい知識はありませんが、植物大好きです。
またそのうち育ててみたいですね。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。