スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカぶらぶら

GrandCanyonをぶらぶら

今ニューメキシコのアルバカーキって町にいます。
街の真ん中にある図書館で無料の無線LANにつないでブログ更新です。
ここは多分通過するだけになると思います。

r66.jpg


↑今このホステルに泊まってます。
とてもわかりやすい名前ですね。
もちろん目の前はroute66です。

ここは朝飯の材料が豊富で、
卵とかチーズとかも食べ放題みたいです。
ただ、今までのホステルの中では一番あやしい雰囲気です。
怪しいといっても人は親切ですけどね。
建物の雰囲気があやしいんです。
特に中。
写真撮っておこう。





さて。

おととい、グランドキャニオンに行ってきました。
ユースホステルの$60のツアーです。
あんましお金使いたくなかったけれど、
これは見ないと後悔すると思って、行くことにしました。


gc1.jpg


前日に見に行った人の感想は、
「言葉にならない」
でした。
確かに言葉や写真じゃ伝わりません、
この生の迫力!!

昼前に着いて、グランドキャニオンがよく見える場所で昼食。
その後景色のいいスポットを転々とし、
14時ごろから断崖絶壁ハイキング。


gc2_2.jpg


壁はほとんど垂直です。
そんな恐ろしいところなのに、なぜか手すりがありません。
高所恐怖症の人は多分むりでしょう。

gc2.jpg


危ないところにもほとんど柵がないので、
みんなやりたい放題です。
地元のツアーで行ったので、
地元の人しか知らないようなところをたくさん見ることができました。

下の写真、自由な人がいました。

gc3.jpg



ガイドしてくれたのは背の高い男性。
かなりノリがいいし、親切だし、いいガイドでした。
説明もわかりやすいし。

多分入っちゃいけないような場所にもつれてってくれました。
あまり英語が聞き取れなかったんですが、
ツアー客:「ここ入っちゃいけないんですよね?きっと」
ガイド :「多分ね」
ツアー客:「ガイドが入ってもいいよって言うから入ったことにするよ。」
ガイド :「じゃ、俺は客がStupidだから勝手に入って行ったことにするよ。

この国は結構いい加減なのかも。


最後にみんなで集合写真です。

gc4.jpg


左から
ブラジル人:研修医
イギリス人:観光
アメリカ人:ガイドさん
インド人 :観光?
アメリカ人?:旅人WITHギター
イギリス人:観光
イギリス人:サーファー、明日からコスタリカ
韓国人  :研修医
インド人 :旅人withドブロ

みんなほんと楽しい人たちでした。
そして、ほんと言葉にできないくらいすごい場所です。

グランドキャニオンに行くときはぜひユースホステルのツアーを利用しましょう。
安いし、食事付きだし、親切だし、何よりも楽しいですから。




アメリカに来てからもうすぐ2週間、
未だに日本語を使う機会がありません。

逆に、毎日英語ばかり聞いているので、
リスニング力は向上した気がします。
もう少し語彙力があれば何言ってるかわかるんでしょう、きっと。
英語の勉強でもしようかな。


次はどこから更新するのでしょうか。
まだわかりません。
もしアポとっている農家からOKが出れば、
次の目的地はウィスコンシン、五大湖の近くになります。
ここからバスで30時間くらい。

どうなることやら。
コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。