スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカぶらぶら

ナイアガラの滝をぶらぶら

こんにちは。
今ニューヨークにいます。
これまでのバスの運賃を計算してみたら、なんと540ドル!!
これからそれ以上の旅をするつもりですから、
645ドルのフリーパス、元がとれることが判明。
今日からニューヨークぶらぶら開始しました。
もうあの場所にも行きました。
ニューヨークのことはまた後ほど。 

今回はナイアガラの滝の日記です。




7月13日午後1時、ミネソタ州ミネアポリスを出発。
シカゴ、クリーブランド、バッファローでバスを乗り換え、
14日14時半ごろナイアガラの街に着きました。
シカゴあたりから、日本人っぽい若者がずっと一緒でした。
きっとニューヨークに行くんだろうと思っていたら、
最後のバスまで一緒で、話しかけてみたら、
僕と同じようにロサンゼルスからフリーパスで移動してるとのこと。

彼はユースホステルを予約してないとのことで、
一緒にホステルまで行くことに。
そして一緒に滝を見に行きました。

ナイアガラの滝はアメリカ滝とカナダ滝の二つからなり、

初日はアメリカ滝、あいにくの小雨でした。
なんで、どうせぬれるならと、滝の下まで船で行くツアーに参加しました。
みんな同じカッパを着て船に乗り込みます。
怪しい宗教みたいです。


hune1.jpg


滝の近くでは水しぶきが激しくてカメラは使用できませんでした。
激しかったです。





二日目、深い眠りに着いていた彼をおいて、ひとりカナダに向かいました。
レインボーブリッジという橋が国境をまたいでおり、
両側にそれぞれ入国審査する人がいます。

canada1.jpg
 

こいつがゲート。
いつも車が渋滞してます。

canada2.jpg


こちらは人のゲート。
出国はこのぐるぐるをくぐるだけです。

canada3.jpg


橋は1940年代のものなんだとか。
長さは多分200mくらい。
高さは約50m。
この橋を超えるとカナダの入国審査が待っています。

ところが、とっても簡単な審査のみ。
わずか1分で通過できました。
まぁ、旅行者ですからね。

canada4.jpg


そしてまもなく滝が見えるポイントに。
手前がアメリカ滝、奥がカナダ滝です。
ほんとすごい。

canada5.jpg
 

カナダ滝、HorseShoeFalls(蹄鉄滝)とも言われてます。
たしかに馬の蹄鉄の形してますね。
中学の英語の教科書にでてきました。

周辺は観光客でいっぱいです。
背の高いタワーやカジノ・遊園地があちこちにあります。
タワーはわかるけど、なんでカジノがあるのか、
まったく理解できません。

滝を見に来たのだから、夜もゆっくりと静かに自然を楽む。
それが普通なんじゃないかと思ってました。
夜になっても人はうじゃうじゃいるし、
街はなんだか人工的だし、
正直あまり自然を楽しむような場所ではありません。
2泊も宿を予約したことを後悔しました。
(実際最終日は滝に行かなかった。)
滝が本当にきれいなだけに、残念な話です。

でもせっかくカナダに入ったことだし、
ぶらぶらと歩いてみることにしました。
へんなものがいっぱいあったので、
写真で紹介します。

canada6.jpg


canada7.jpg


ナイアガラの滝、本当にきれいなところです。
でも、本当に残念な場所でもあります。
お奨めのスポットであり、がっかりスポットでもある。

妙な思い出の残る街でした。






コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。