スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカぶらぶら

New York をぶらぶら①

こんにちは。

なんか、今日マンハッタンのどこかで蒸気管が爆発したらしく、
YahooJAPANのニュースでも取り上げられてました。
かなり大きな爆発だったらしく、けが人多数だとか。
テロじゃないかとのいう話もありましたが、テロとは無関係らしい。

ちょうどその頃僕もマンハッタンをぶらぶら歩いていました。
今見てるテレビでGrand Central Terminalの近くって言ってるけど、 
爆発の3時間くらい前にその駅近くをぶらぶら歩いてました・・・・危ない危ない。
うわ、ここから10分くらいのとこだ・・・・。

僕は無事です。
今日は久しぶりにカレーライスを作りました。
明日外食するので、今日は節約です。



さて、NYぶらぶらの本文です。 

map.jpg


これまでの行程です。
今後、この黒い線は八の字を描くことになりそうです。

statu.jpg


マンハッタンの南端から出ている船(無料)であの方に会いに行きました。
かなり遠くにいらっしゃったのでちょっと残念でしたが、
あの方に出会うことができて、NYに来たんだと実感できました。

wall.jpg


その後マンハッタンを北上、
なんだか張りつめた空気を感じました。
通りを歩く人はなんだか仕事できそうな格好してるし、
しかもいろんな人種の人がいるし。

看板を見ると、そこはウォール街。
世界の金はここを中心に動いている、
確かにそんな空気を感じました。

yoshimitsu.jpg


そして彼。
YOSHIMITSU。19歳。釧路出身。
よくMITSUBISHIと間違えられるらしい。
シカゴからナイアガラの滝に向かっているときに知り合いました。
かなり若々しい行動をとりますが、いいやつです。

昨日の晩はベッドに空きがなく、
彼の横で、お互いのぬくもりを感じつつ、
ダブルベッドで寝ました。
あ~やだやだ。
今日から二晩はちゃんとシングルベッドです。




まじめな話。
ちゃんと考えなきゃ↓。
 ニューヨーク初日、ダウンタウンからミッドタウンに向かう途中でワールドトレードセンター(以下WTC)の跡地を見てきました。悲しい思いをするのはわかってましたが、これは絶対見ておかないといけない、そう思います。ニューヨークに来たからには、必ず。

 跡地の周りは活気にあふれてました。ここが本当にあの場所なのかと思うくらい。ただ、周りのビルの中には未だに改修中のものがたくさんあり、未だにテロのことを思い出させる雰囲気。ビルの壁に、ありえない方向に傷がついている、WTCの崩壊で飛び散ったコンクリートか何かの塊がぶつかったのだろうと想像できます。よく見ると、そんな傷跡がところどころに見られます。大きなビルが建ち並ぶこのエリアにぽっかりと、空を見渡せるくらいの広い空間。ここに何かがあったはず、明らかにおかしな空間でした。

 WTCのあった場所は今工事中で、また大きなビルが建設されるみたいです。端のほうに、崩れずに残った階段がありました。きっとそのままの形で新しいビルに組み込まれるんでしょう。また、崩壊の際に一緒に被害を受けた地下鉄。なんと、跡地に「World Trade Center」駅ができており、市民が利用していました。本来はここで光を浴びることはないはずなのに。僕は地下鉄には乗りませんでしたが、駅の改札口まで行ってみました。ビルの真下です。

 6年前の9月11日、久米宏のニュースステーションでテロが起きたことを知り、次の日の夕方までずっとテレビを見てました。その日はよく眠れなかった記憶があります。今その場所に来ている。言葉にできない感情、ただただ祈るのみです。

 跡地をぐるっと一周しました。素通りするビジネスマンもたくさんいましたが、たくさんの人がフェンスの隙間から跡地をのぞいてました。中には泣いている人も。フェンスの上の板に、亡くなった方の名前が書かれてました。大きな板いっぱいに小さな名前が刻まれてました。

 こういう場所だし、写真を撮るのは控えようと思ってました。実際、跡地を4分の3周するまではカメラはかばんの中でした。でも、やっぱり自分のカメラに記録することにしました。あの出来事を一生忘れないために、次の世代の人に伝えるために、この日の記憶を記録として残すことにしました。
 
 跡地横のビルに、WTCのVisitorCenterがありました。$10の寄付金を納めて、中の展示物を見てきました。たくさんの写真、遺品、そして「最後の肉声」。ボタンを押すと崩壊前のビルからの電話が聞こえてきます。何と言っているかわからなかったけど、何を言っているのかはわかりました。本当に辛かったけど、見ておいてよかったと思ってます。

 自分に何ができるかわからなかったけど、とにかく祈りました。命を奪われてしまった罪のない人たちに向けて。




 9・11、本当に悲しい出来事です。残念なのは、未だにアメリカが戦争をしていること。テロリストから自国を守りたい、その気持ちはわかります。テロの根源を攻撃し、これ以上テロが起きないようにする。僕だって死にたくないし、大切な人たちを守りたいと思う。敵が攻めてくるのならそれに立ち向かわねばならない。

 でも、なんでこんなテロが起きてしまったのか、しっかり考えて欲しい。特にアメリカ人、日本人をはじめとする、世界を動かしている裕福な国の人たちに。自分たちの掲げている自由が本当の自由なのか。その自由が他の人たちの自由を奪っていないか。うらまれることをしていないか。

 殴られたら殴り返す、そんなことをしていてはいつまでたってもけんかはおさまらない。けんか程度ならいいけど、国と国の争いになると話は違います。お互い戦争なんてしたくないはずなのに。すべてを力でねじ伏せようとしている間は戦争はなくならないと思います。なんでお互いを理解できないのか。なぜ相手の話を「聞く」ことができないのか。聞いているつもりで、実は鼓膜がただ振動しているだけじゃないのか。相手の話を脳みそで理解しているのか。INYのTシャツを見てよく思います。何も考えずに愛国心を持ってはいけないんじゃないか?自分が住んでいる国だから愛するべきなのか?その国は本当に正しいことをしているのか?

 残念ながら、この国の人たち、そして彼らの生活を見ている限り、きっとまたテロは起きるだろうし、戦争もなくならないと思います。日本人もいっしょです。みんな自分勝手すぎです。自分勝手が相手の不満を生むことは誰もが経験しているでしょう。そして、反省していない。反省がなければ同じことの繰り返しです。人類は同じ過ちを何度も繰り返してきました。まだ同じ過ちを繰り返そうとするのでしょうか?「Love&Peace」、地球上に住んでいるすべての人に、この言葉の意味をしっかり考え、そして共通の理解を持ってほしいと思います。




この日はいろんなことを考えました。
こういう日も必要なんですよね。

でも今日は一日NYを楽しんだし、明日もそうするつもり。
この国にはたくさん悪いものが存在すると同時に、
とってもいいものがたくさん存在します。
いいものは是非真似すべきです。

重い日記ですみません。
でも理解してください。

残り1ヶ月の旅でたくさんいいものを吸収してこようと思います。


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。